熊本市交1060形の製作続き – その2

あいかわらず暑いですね。コロナも心配ですが、熱中症も気を付けなければなりません。

お盆休みが終わって1週間経ち、モデル形状の調整が進み、まあ満足できるものに達した感じです。
(気になる箇所がないわけではないですが、どこかでキリをつけないといつまでもおわりません)


正面や側面の系統板などの表示関係のディティールを追加、全体のバランス調整を行いました。


このあとは、正面、側面、天井などの各パーツに分割し、Zパンタやクーラー、排障器などとともにランナーを取り付けて3Dプリント前の処理を行います。そして、DMMさんのアクリルHiResoで出力確認をしてみる予定です。


アクリルHiReso βテストは、予定通り 8/17より、造形が改善された新しい素材(色は黒)で再開されています。


次回はアクリルHiResoでの出力報告をする予定です。

また、近日中にこれまでにDMMさんにアップしているモデルの1つをアクリルHiReso/HiPerf で出力できるように再アップさせていただきます。よろしければお試しください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*