Windows10 のスタートメニューを 7 風にかえる (PC)

Windows7 から無償アップデートして使い始めた Windows10 ですが、いまだにどうにもスタートメニューに馴染めません。これを 7 とほぼ同じにしてくれるフリーソフトをご紹介します。


■ Windows10 のスタートメニューに違和感が…

Windows7 が来年の1月にサポートが終わってしまうので、そろそろ Windows10 に切り換えようと考えている方は多いのではないでしょうか。

Windows10 を使い始めて、いきなり使い勝手で気になってしまうのが左下角にあるスタートメニュー。7 のに慣れきってしまっているのか、場所を多くとるのもあって違和感ありありです。(8 はもっと大きかったです)

Windows10のスタートメニュー
Windows10 のスタートメニュー
Windows7のスタートメニュー
Windows7 のスタートメニュー

7 と違って左側に最初からソートした状態で表示してあるので、アプリケーションをたどりにくいです。右側のピン留めエリアは場所をとるのでいらないかな。コントロールパネルへのアクセスは「設定」(歯車のアイコン) に統合されつつありますが、まだまだ中途半端と感じます。シャットダウンボタンも欲しいです。まあ、タッチパネルで触れることにも適した UI デザインなんでしょうね。


■ Classic Shellというフリーソフトでスタートメニューを Windows7 風に改造する

Classic Shellで改造したスタートメニュー
Classic Shell を使って、Windows10 の
スタートメニュー を改造した例

Classic Shell (フリーソフト、寄付歓迎)

Classic Shell の一部の Classic Start MenuClassic Shell Update をインストールします。(Classic Shell Update は、Classic Shell の最新版がでたときに教えてくれる、必要なければインストールしなくてもいいです)

今回はインストールしませんが、エクスプローラや IE も改造可能です。


Classic Shell カスタムセットアップ
インストールのセットアップで、Classic Start Menu
Classic Shell Update 以外は除外する


■ Classic Start Menu の設定

Classic Start Menu の設定 (Classic Start Menu Settings) は多岐にわたりますので、Windows7 風にする代表的な項目を図で紹介します。「すべての設定を表示する」にチェックをいれておいてください。

Classic Start Menuの設定01
スタートメニューの様式 の設定 (Windows 7 スタイルを選択)
Classic Start Menuの設定02
スキン の設定 (Windows Aero を選択)

Aero と少しだけ異なりますが、Windows 8 のスキンもいい感じだと思います。

Classic Start Menuの設定03
言語 の設定 (日本語を選択、アップデートの確認後に再起動)

その他にも、細かくいろいろな設定をかえることができます。


■ Windows10 の違和感をかなり解消すること間違いなし !

スタートメニューを 7 風にするだけで、かなり使いやすくなると感じます。 Windows の設定でまだうまく統合されていないコントロールパネルへのアクセスも断然良くなります (よくわからない場所にあるのが結構ありますからね) 。 よく使うアプリケーションは、今後は 10 のスタートメニューやタスクバーでピン留めするべきなんでしょうね。XP から 7 のときもそうだったんですが、7 の時代も長かったので 10 にはまだまだ慣れないです。

October 2018 Update (1809) をした Windows10 で Classic Shell を使っていますが、今のところ不具合はありません。カスタマイズ系のソフトは不安定になりがちですが、こちらは大丈夫でした。非常に助かっています。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*